d0154663_10085431.jpg
恋も冒険も革命も、すべてが樹の上

男爵家の長子コジモは12歳でカタツムリ料理を拒否して木に登り、以来、一生を樹上で暮らすことに。奇想天外にして痛快無比な冒険。


18世紀のイタリア、男爵家の長子コジモは、12歳のある日、かたつむり料理を拒否して庭園の樫の木に登った。両親に対する一時的な反抗とだれもが思ったが、その後もコジモは頑なに地上に降りることなく、木の上で暮らし始める。木から木へ伝って自由に移動し、森で猟をしたり、近隣を荒らす盗賊〈荒ら草ジャン〉と交わったり、読書にいそしんだりしながら大人になった。木の上で暮らすコジモは有名人となり、領内の女たちと(樹上で)愛を交わし、パリの《百科全書派》と文通もした。世界はやがて革命と戦争の時代へ、男爵家を継いだコジモの領する地方にも軍隊がやってきた……。恋も冒険も革命もすべてが木の上という、奇想天外、波瀾万丈の物語。文学の魔術師カルヴィーノが、人間存在の歴史的進化を寓話世界に託して描いた《我々の祖先》三部作のひとつ。新装改版。

[原題]Il barone rampante

[著者略歴]
イタロ・カルヴィーノ(1923-1985)
イタリアの作家。キューバで生まれ、2歳の頃イタリアに移住。第2次世界大戦中のパルチザン体験にもとづく長篇『くもの巣の小道』(47)で注目され、『まっぷたつの子爵』『木のぼり男爵』『不在の騎士』の《我々の祖先》三部作(52-59)では奇想に満ちた寓話的世界を創造。『見えない都市』(72)、『宿命の交わる城』(73)、『冬の夜ひとりの旅人が』(79)など、実験的手法を駆使した作品で世界的な評価を受け、「文学の魔術師」と評される。

『木のぼり男爵』イタロ・カルヴィーノ 訳 米川良夫 装画 磯良一 装丁 田中一光 / 片山真佐志 編集 藤原義也 白水社


******************************************************************************


[PR]
by goat-hill | 2018-01-17 10:37 |
d0154663_21132632.jpg

私は完全に余力を無くした! 私の隣に座ってる味方のはずのTさんの膝も揺れてるような気がしてきた。え? グル!? このTさんも! 私を囲む三人で貧乏揺すり!! ……そうか、そうか、謝罪なんて、いや、謝罪というものは、こういうことだものな。これぞリアルというものだ。芝居にしてやる! タイトルは『謝罪』、副題もつけよう。《皆で貧乏揺すり》だ!..........(本文より)


『どっちつかずの天使』岩松了 文 磯良一 絵

編集 川添史子 榊原律子 デザイン 柳沼博雅 堀内理沙
埼玉アーツシアター通信 2016 Vol.66 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団






***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2016-11-12 21:29 | 雑誌
d0154663_0111414.jpg
■左上 DECIDUOUS TREE / 軒下三寸借り受けて待つ春 ( 100mmx148mm/Scraper Board )

■右上 Bird of passage / どこにでも歩いていける自由はちょっとほろ苦い
( 100mmx148mm/Scraper Board )

■左下 DROP CLOUD WATER ( 100mmx148mm/Scraper Board )

■右下 I GO INTO DAYS / つかのまここにいる ( 100mmx148mm/Scraper Board )


AD/Illustration Iso Ryoichi





***********************************************************************
[PR]
d0154663_1475671.jpg
特集 マルチサイド・プラットフォーム

イラストレーション 磯良一

『DIAMOND MANAGEMENT FORUM』は『週刊ダイヤモンド』と『ハーバード・ビジネス・レビュー』の定期購読者限定の雑誌です。





***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2015-10-14 01:54 | 雑誌
d0154663_23162543.jpg

ひとつの音で できている 小さな風景


Illustration Iso Ryoichi



乱視読者の小説千一夜 No41 『戦後のピアノ弾き』 若島正 SFマガジン 10月号 2014










------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by goat-hill | 2014-09-02 23:30 | 挿絵
d0154663_13315480.jpg
きみの ことばを うけとめるよ

Illustration Iso Ryoichi
[PR]
by goat-hill | 2013-07-26 13:47 | 挿絵
d0154663_1634672.jpg
こぼれおちた夜

Illustration Iso Ryoichi
[PR]
by goat-hill | 2013-07-24 16:09 | 挿絵
d0154663_23321662.jpg [記憶の塔]

その塔は生物の記憶の集積

水のように思いは循環して

大地に痕跡を残す



グラフィケーション
No187
特集 『古代に寄せる』
古代史を掘る愉しみ ? 認知考古学とは何か

伊勢神宮と出雲大社が揃っての遷宮、歴女(れきじょ)なる造語を生んだ一大ブーム、大型古墳の発見や発掘が進んだことで邪馬台国論争がますます熱を帯びたりと、歴史の裾野は拡大の一途です。諸科学の進化は劇的で、従来の想像を覆すような事実を科学の裏付けを持って迫ってきています。何がこれほどまでに人を引き付け魅了するのか、古代史の周辺を考えてみました。 ■イラストレーション 磯 良一 ■デサイン 柳 忠行 ■発行 富士ゼロックス

*GRAPHICATION [グラフィケーション] 富士ゼロックスが1967年以来、コミュニケーション文化を基調とした社会のあり方を考えるために、発行し続ける企業広報誌。本誌はその名に冠するとおり、グラフィックページの充実に留意しつつ、なお混迷の続く社会の中においても光明を感じとり新しい秩序への手がかりを得るべく、科学、文化、自然の3つを機軸とし、これらの多元的なあり方をテーマに取り組んでいます。
[PR]
by goat-hill | 2013-07-13 23:56 |
d0154663_2027484.jpg
優しい忘却の旋律

[Forgetting curve] Illustration Iso Ryoichi
[PR]
d0154663_145787.jpgd0154663_165848.jpg
[PR]