d0154663_19154855.jpg『一週間の物語』

絵 磯良一 

偕成社 2015 2月発売

































***********************************************************************
[PR]
# by goat-hill | 2015-01-15 19:20 |
d0154663_2316456.jpg
雲の向こうは、いつも青空

Photo taken by Iso Ryoichi 2015狭山湖










************************************************************************
[PR]
d0154663_22564084.jpg
d0154663_22572560.jpg「私の黒目の中をよく見てちょうだい。本当に、中よ」

『黒い瞳の内』 乾ルカ イラストレーション 磯良一 デザイン 泰司デザイン事務所

小説宝石 2015 1月号 光文社













***********************************************************************                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
[PR]
# by goat-hill | 2014-12-23 23:04 | 挿絵
d0154663_1713016.jpgラッパ演奏を主専攻とするトム・ハーフシェルの音色には、どこか不完全な要素があった・・・・。

『その曲しか吹けない』

あるいは、えーと欠けてる要素っていったい全体何だったわけ?

R・A・ラファティ 
訳 山形浩生 絵 磯 良一

1980 by The RA lafferty Estate
Licensed by The Locus Science Fiction Foundation
through Tutte-Mori Agency,Inc,Tokyo

d0154663_17284440.jpg
SFマガジン 12月号 2014 R・A・ラファティ 生誕100年記念特集号
電気技師を経て、45歳にして作家デビュー(1960年)。創作を始めたきっかけは「禁酒によって人生に生じた穴を埋めるため」と語る。アメリカのトール・テイル(ほら話)の伝統を感じさせるユーモアあふれる奇想短編と、独自の世界観により構築された難解な異色長編を発表。そのあまりの異色さに「彼の作品は“ラファティ”というジャンルだ」とも言われる。



**********************************************************************
[PR]
# by goat-hill | 2014-10-24 17:55 | 挿絵
d0154663_1965499.jpg風少々

稲の穂波

星明りにゆれ







Photo taken by Iso Ryoichi



















---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
d0154663_0301226.jpg

いつもなにかを探している

Photo taken by Iso Ryoichi












---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
d0154663_1873568.jpg
日経ビジネス[Associe] October 2014 Vol.279 日経BP社
第2特集 働き盛りのビジネスパーソンを襲う『本当に怖い病気 解決マニュアル』

仕事で認められ。さあこれからという時に病魔に襲われる-----。
そんな悲しい未来は、できる限り避けたいもの。
そこで、病気を予防するためにビジネスパーソンが取るべき生活改善策や、『働き盛り世代』である20~50代男女を襲う『七大病』を徹底解説。『敵』の正体をきちんと知って、病気の予防に役立ててほしい。

Illustration 磯良一 デザイン ESTEM








---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by goat-hill | 2014-09-11 18:28 | 雑誌
d0154663_23162543.jpg

ひとつの音で できている 小さな風景


Illustration Iso Ryoichi



乱視読者の小説千一夜 No41 『戦後のピアノ弾き』 若島正 SFマガジン 10月号 2014










------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by goat-hill | 2014-09-02 23:30 | 挿絵
d0154663_22105113.jpg知るだけで数字に強くなる技術

[知的生き片方文庫]

数字に強いと、仕事や暮らしでさまざまな恩恵を受けることができます。
会議中に、普通の人では、できないような計算を瞬時にできれば、「アイツはできるな」と評価があがることもあるでしょう。また日常生活の中で、どちらが得かの計算がサッとできれば損をせずに節約しながら買い物することができるでしょう。
さあ、教科書には載っていない「使える算数」を学んでみませんか?(カバー文より)

小杉拓也 装画 磯良一 
装丁 三笠書房装装丁室
三笠書房








---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by goat-hill | 2014-08-31 20:14 |
d0154663_21365211.jpg
日本建築の固有の形と呼べるものとして『てりむくり』という様式があります。『てりむくり』は「照り起くり」と書き、照りは反りのことを、起くりはゆるやかな起き上がりのことをいいます。『てりむくり』の典型は、いまでも銭湯や和風旅館の正面玄関にこれでもかと大仰に鎮座する唐破風屋根で、『てりむくり』の連続曲線を切りとったものといえます。左右に広がった屋根の端が反った照りの流れを中央にうけ、そこからむっくり起き上がった柔らかい起くりが構える姿はとても美しいものです。
じつは視点を引いて見ると身近な自然界にもこの『てりむり』の美しい連続曲線が存在します。
それは日本の海岸線です。この『てり』(湾)と『むくり』(崎)の連続曲線の繰り返しで日本列島のアウトラインが構成されています。いつからか、この美しい連続曲線に心惹かれ時間が許す限りこのラインを歩いてみたくなりました。
てりむくり散歩を楽しむ必要最低限の自分に課したルールとして、可能なかぎり『水際をトレースする』ということと、旅ではなくあくまで散歩ということで厳冬期以外は『サンダル』、そして『手ぶら』で行動が基本です。副産物としての『防潮扉の観察』という楽しみも発見しました。

東京の月島を起点に今回は清水から遠州灘の浜岡まで、てりむくってきました。

主な装備品 ●カメラ GRデジタルⅢ 28mm F1.9 予備カメラiphone5s ●サンダル モンベルスリップオンサンダル ●文庫本「冬の鷹」吉村昭著 ●たばこ ショートホープ ●日本手拭い、扇子など

photo taken by Iso Ryoichi 上左 御前崎方面 上右 浜岡方面 下 駿河湾防潮堤  
d0154663_206771.jpg





---------------------------------------------
[PR]
d0154663_0191668.jpg
『浴槽で発見された原稿』 若島正 イラストレーション 磯良一

乱視読者の小説千一夜 第40回 SFマガジン 9月号 2014 早川書房



---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by goat-hill | 2014-08-07 00:28 | 挿絵
d0154663_20475854.jpg「とても親切で、サービスがよくて。
助かってるんです。」

日常に潜む、小さな不条理。

『楯の両面』 乾ルカ 絵 磯良一

[注目の女性作家特集]小説宝石8月号 2014

d0154663_2051377.jpg


























--------------------------------------------
[PR]
# by goat-hill | 2014-07-20 21:04 | 挿絵