人気ブログランキング |

カテゴリ:絵本( 7 )

d0154663_22152023.jpg

奈良の町を見下ろす丘に
美しい刑務所がありました。
明治時代につくられた
その赤煉瓦の建物は
罪をつぐなう人を見守り
戦後は少年刑務所として
傷ついた子どもたちの心を
抱き、癒し、育みました。
人生を再出発するための希望の場所として設計された
旧奈良監獄百九年の歴史を描く
後世に語り継ぎたい物語です。

d0154663_22173910.jpg
若かった明治日本が夢見たもの

奈良監獄は司法省の建築技官だった山下啓次郎(ジャズピアニストの山下洋輔氏の祖父)が設計しました。

明治政府は不平等条約の撤回を目指していましたが、諸外国は「司法制度の確立」「まともな牢獄」「受刑者の人権」を求め条約撤回に応じませんでした。
そこで政府は、受刑者に配慮した立派な刑務所を作るべく、山下を海外視察に向かわせ帰国後、全国五カ所にレンガ造りの監獄を設計しました。
こうした設立の理由や社会背景、明治から昭和にかけての人権問題、戦後から少年刑務所として使われてからの更生教育や職業訓練にも力を入れるようになったのです。
刑務所のレンガの美しい壁は、少年たちを社会から隔離するためのものでなく、差別や虐待で傷ついた心の傷を癒すための防波堤であり、社会復帰を目指す受刑者の学校や職業訓練の場所だったということがよくわかります。
そんな建築物を明治時代に設計・建設していたことに驚きます。『奈良監獄物語』は、そうした歴史的変遷や役割を一人称で語る大人も楽しめるノンフィクション絵本です。


d0154663_22435789.jpg


奈良監獄物語【若かった明治日本が夢みたもの】文 寮美千子 絵 磯良一 デザイン ハイ制作室 渡辺優史 編集 飯田邦幸 樋口健一 発売 小学館 発行 小学館クリエイティブ




*********************************************************************


by goat-hill | 2019-06-28 22:45 | 絵本
d0154663_22321093.jpg昨年、絵を納品していた『エルトゥールル号の遭難~トルコと日本を結ぶ心の物 』が無事完成し6月6日に発売となりました。

1985年3月、イラン・イラク戦争の開戦直前、在イランの日本人200名以上は脱出方法が見つからずに生命の危機に瀕していました。その時、トルコ政府は2機のトルコ航空機をテヘランへ派遣して、215人の在留邦人を救出してくれました。感謝の言葉を述べる日本人に対し、トルコ政府は「私たちは100年前の日本人の恩を忘れていません」と答えました。その恩とは、本書が描く「エルトゥールル号の遭難」です。
1889年、エルトゥールル号はトルコ皇帝の命を受け、日本に派遣されましたが、任務を終えて帰国の途上、大嵐にのまれ、紀伊半島の大島沖で沈没してしまいました。このとき大島の漁師たちは大嵐の中を懸命に救助して、500人中69人を助け、その生存者は、日本の軍艦でトルコへと送り届けられたのです。本書は、「日本とトルコを結ぶ心の物語」として、「エルトゥールル号の遭難」を描いた本です。

その昔、紀伊半島南部に足しげく通っていた頃がありました。熊野川をはじめ色濃い自然や独特な信仰の地としての魅力もさることながら、その地が古式捕鯨の伝統の地であることが私にとっては魅力でした。太地町や串本町など古式捕鯨の痕跡を求めて散策したり気分を変えて友人と熊野川をカヌーで下ったりしていました。その過程でエルトゥールル号遭難事件の顛末を知ることになるのですが、当時の私の認識は日本は昔から海洋の民ですし地元の漁師が世界共通の船乗りのモラルにのっとってやるべきことをやっただけという感覚でした。しかしその後イラン・イラク戦争時のトルコ航空派遣の動機を知るにつけてトルコが国家として友情を保持している事に驚きました。そしてこの遭難事件は国家間の美談にされがちですが結局は漁民一人一人が無私の気持ちでやるべきことをやった結果の友情なのです。要は個人の行動が未来を動かす力を持っているということでしょうか。

2015年 日本/トルコ合作映画「海難 1890」(KAINAN 1890)として封切られる予定です。
ERTUGRUL 1890 FRAGMAn
d0154663_2234363.jpg
『エルトゥールル号の遭難~トルコと日本を結ぶ心の物』文 寮美千子 絵 磯良一 装丁/デザイン ハイ制作室 渡辺優史・高野慎太郎 編集協力 樋口健一 編集 飯田邦幸 発売元 小学館
Ottoman frigate Ertuğrul

by goat-hill | 2013-06-07 23:29 | 絵本
d0154663_14525990.jpg
その男は突然、園庭にあらわれると僕の手を強く引いて夜の街に連れ出した・・・。
キンダーハードボイルドミステリー『げんいちろうの ぼうけん』 作 楚立三 絵 磯良一(未発表作品)
d0154663_18464694.jpg
楚立三 [so-lu-tion] 1951年香川県に全裸で生まれる。東京都在住。メールマガジン編集者。訳書にG・ファレッティ『僕は、殺す』(文春文庫)がある。

作者の楚氏は私の岩登りの師匠であるとともに浅草界隈で痛飲する浅草会の会長でもあります。公私にわたりお世話になっています。大手編集者時代には私のフェイバリットラジオ『子供電話相談室』の回答者として伝説の無着成恭先生と共に活躍されました。

 





***********************************************************************
by goat-hill | 2011-08-09 01:38 | 絵本
d0154663_1017830.jpg韓国のキョオン出版社から『うどんの味を守る福猫』という絵本が出版されました。
『Geography Storybook』というシリーズでそのなかの『Japan』のカテゴリーを担当しました。これは各国の文化を下敷きにした物語を、韓国人の作家さんとその国の絵描きさんの組み合わせでシリーズ化したものらしいです。
依頼を要請された時はコミュニケーションの不安がありましたので日本語のできるスタッフを要望し受けいれられました。
制作、納品は2009年前半でリリースはその一年後となりすっかり忘れていたところに本が届きびっくりしました。
内容は京都の老舗のうどん屋の危機を救うためお店の福猫(まねき猫のことです)が冒険の旅に出るというお話です。
日本では残念ながら手にはいりません。 2010作品
d0154663_10414425.jpg

d0154663_1043640.jpg

*下、二枚は原画。
Cat Manekineko Kyoto Picture book  







**********************************************************************
by goat-hill | 2010-04-30 10:46 | 絵本
d0154663_23171932.jpg見知らぬ町 文 坂東眞砂子 絵 磯良一 岩波書店 2008作品

見慣れたはずのその町が、ある日突然、別の貌を現す。
不条理と甘美が交錯する、九つの物語。

装丁 桂川潤 編集 岡本潤








上 天地創造
中 足跡、買います
下 幸せな日々
d0154663_23193833.jpg
d0154663_2324687.jpg
d0154663_04624.jpg
by goat-hill | 2010-04-24 22:44 | 絵本
d0154663_23472778.jpg
d0154663_2348469.jpg
d0154663_23491213.jpg











































上 日没

中 ジャングルホーム

下 見知らぬ町
by goat-hill | 2010-04-24 22:30 | 絵本
d0154663_17453114.jpg『飛行機にのって』作 絵 磯良一 cub label 長崎出版
2007作品
野をこえ山をこえやってきて、街にむかって急降下。彼らの行き先は?スリル満点の夜間飛行!
ブックデザイン 宇佐美牧子 編集 中西洋太郎

Japanese Illustrator Iso Ryoichi Scratch illsutoration Cool Fantasy Humour Famous Airplane Night Flight Picture book  

d0154663_17361698.jpg

d0154663_17402685.jpg

by goat-hill | 2010-04-22 18:02 | 絵本