人気ブログランキング |

丘の白雲

d0154663_0551122.jpg大空に漂う白雲の一つあり。
童(わらべ)、丘にのぼり松の小かげに横たわりて、ひたすらこれをながめいたりしが、そのまま寝入りぬ。
夢は楽しかりき。
雲、童をのせて限りなき蒼空をかなたこなたに漂う意(こころ)ののどけさ、童はしみじみうれしく思いぬ。
童はいつしか地の上のことを忘れはてたり。
めさめし時は秋の日西に傾きて丘の紅葉(もみじば)火のごとくかがやき、松の梢を吹くともなく吹く風の調べは遠き島根に寄せては返す波の音にも似たり。
その静けさ。
童は再び夢心地せり。
童はいつしか雲のことを忘れはてたり。
この後、童も憂き事しげき世の人となりつ、さまざまのこと彼を悩ましける。
そのおりおり憶い起こして涙催すはかの丘の白雲、かの秋の日の丘なりき。

詩想より 国木田独歩 初出:「家庭雑誌」1898(明治31)年4月

2010 autumn. Hill in water. Photo taken by Iso Ryoichi