d0154663_18274799.jpg
祭りの新地平

地域の文化を象徴する『祭り』は全国各地で開かれ、名の知れたものには観光客が大挙して押し寄せてきます。一方、過疎化や老齢化が問題となり、林業の衰退と再建の議論に「限界集落」の言葉が登場したのが90年代初頭、そして数年前の「地方消滅」というリポートには激震が走りました。著名な祭りは観光産業として巨大化するその裏で、地域の生活や風習に根差した祭りの担い手は細り、伝統行事が途絶えることも珍しくなくなっています。これからの地域のあり方について、祭りを通じて考察してみました。

「GRAPHICATION」電子版12号 富士ゼロックス
Illustration 磯良一

富士ゼロックス『GRAPHICATION』

コミュニケーション文化を基調に社会のあり方を考える企業広報誌。1967年創刊。グラフィックページをメインに科学、文化、自然の3つを機軸とした多元的なテーマを毎号取り上げています。富士ゼロックスの原点とも言える"Better Communication"にコンセプトを求め、人と環境、人と地域など、人を中心に周囲との関係性に視点を置いた身近な社会生活の考察を行なっています。


***************************************************************************



[PR]
by goat-hill | 2017-11-11 18:40 | Web
d0154663_1875939.jpg
目の前を傘をさしたおばさんが歩いていた。私も傘をさそうかなと思ったが、霧のような細かい雨、まだいいかと傘を手に持ったまま歩いていると、一軒の家から出てきたその家の奧さん、傘を開きかけて空を見上げた。その人に目の前を歩いていたおばさんが笑顔で挨拶をした。こう言って .......。(本文より)

『どっちつかずの天使』岩松了 文 磯良一 絵

編集 川添史子 榊原律子 デザイン 柳沼博雅 堀内理沙
埼玉アーツシアター通信 2016 Vol.67 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団







***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2017-01-27 18:17 | 雑誌
d0154663_2343575.jpg
■左 見知らぬ町 / 岩波書店 ( 100mmx148mm/Scraper Board )

■右 びんの悪魔 / 福音館書店 ( 100mmx148mm/Scraper Board )


AD/Illustration Iso Ryoichi






***********************************************************************
[PR]
d0154663_1820388.jpg
■左上 BIRD WEEK ( 100mmx148mm/Scraper Board )

■右上 Framework 枠組みを組み替える ( 100mmx148mm/Scraper Board )

■下 ALL THING ARE DERICATELY INTERCONNECTED ( 100mmx148mm/Scraper Board )


AD/Illustration Iso Ryoichi






***********************************************************************
[PR]
d0154663_205795.jpg
『どっちつかずの天使』岩松了 文 磯良一 絵
『お金のことでそんなふうにならないで!』  少女のイノセントと黒い感性が同居した日常で・・・・

編集 川添史子 榊原律子 デザイン 柳沼博雅 堀内理沙
埼玉アーツシアター通信 2015 Vol.60 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団










***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2015-10-21 21:15 | 雑誌
d0154663_1504714.jpg
d0154663_1512296.jpgd0154663_15135696.jpg


特集 「新」富国論

MRI Perspectives
地域経済 再生の戦略

地域経済が自立する戦略やシナリオなくして、まちやコミュニティの再生はありえない。
ただし、それらは過去との決別を突きつけるものであり、より具体的には、国庫に頼らない健全な経済循環システムを形成することである。
ここでは、そのための理論と実践例、そしてシナリオを紹介する。

イラスト 磯良一 デザイン DESIGN WORKSHOP ZIN 表紙 手塚治

三菱総合研究所未来読本 『フロネシス』 13号 Volume7 Number1 ダイヤモンド社




***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2015-07-08 15:38 | 雑誌
d0154663_21203690.jpg窓のブラインドをおろそうとして、外をながめた。いつものように団地の棟々のあかりがともっているばかりだ。うんざりするほど見慣れた景色であった。あしたもその先も、これまでと同じような日々なのであろう。どこか、ちがう世界に行けたら―。そしてふりむくと、異様な者が立っていた「見せられたもの」

あこがれていた私立中学に落ちたいちかは、母親からずっとほしかったスマホをもらった。春休み、何もする気が起きないいちかは、1週間、毎日公園の木の下で、スマホを使った自撮りをして…。「白木蓮」

一週間をめぐる五つの物語

Time Story  一週間の物語 
偕成社 

日本児童文学者協会 編 
磯良一 絵
編集デザイン協力  早坂寛 
宮田康子 たかのはし まいこ

日本児童文学者協会

子どもの本の作家、詩人、翻訳家、評論家などが集まっている全国的な団体です。子どもの本についての講座や雑誌の発行、作品募集などの活動を行っています。この「タイムストーリー」シリーズは、協会に所属している作家・研究者4名(加藤純子、後藤みわこ、廣嶋玲子、宮川健朗)が編集にあたりました。
全五巻 5分間の物語 1時間の物語 1日の物語 3日間の物語 一週間の物語で構成されています。
d0154663_2126366.jpg

左上 白木蓮 椰月美智子
右上 東京オリンピックの七日間 最上一平
中左 この世は夢 森川成美
中右 おちちや 後藤みわこ
下 見せられたもの 眉村卓





***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2015-02-15 20:10 |
d0154663_19154855.jpg『一週間の物語』

絵 磯良一 

偕成社 2015 2月発売

































***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2015-01-15 19:20 |
d0154663_22341444.jpg
海は青いとおもってた、
かもめは白いと思ってた。

だのに、今見る、この海も、
かもめのはねも、ねずみ色。

みな知ってるとおもってた、
だけどもそれはうそでした。

空は青いと知ってます、
雪は白いと知ってます。

みんな見てます、知ってます、
けれどもそれもうそかしら。


金子みすゞ





***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2014-02-03 22:35 |
d0154663_2021864.jpg[特集] 幸せな未来へのまちづくりとは。

[特別座談会] 未来のまちずくりが震災から学ぶべきこと。

少子高齢化や人口減少社会で、日本は変貌しつつあります。
東日本大震災で変化の加速度は増し、人々はこれまでの価値観とは異なる「幸せ」を求め始めました。
これからのまちづくりは、どう進めばいいのか。
建設コンサルタントの歩むべき道は、どうあるべきか。
そのヒントを探るべく人々の声を聞き、被災地を訪れ、未来のまちづくりを望見しました。


イラストレーション 磯 良一

アートデレクション ジング・プランニング 大場靖隆
d0154663_20223318.jpg

[PR]
by goat-hill | 2014-02-01 20:47 |