カテゴリ:挿絵( 42 )

d0154663_18465445.jpg
d0154663_18504466.jpg「お棺の中ってこんなふうなのね。狭いバスタブみたいよ。」

こちらの岸と本流、そして向こう岸。
ハレとケ、そしてケガレ。
物語はこちらの岸で常に語られる。
視点を対岸に移して物語を紐解けば、気枯れもそう悪くはないものだと思わせてくれる。
そんな作品です。

注目の作家、人生を描く
『岡目八目』 乾ルカ 挿絵 磯良一
小説宝石5月号 2015 光文社






***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2015-05-05 19:07 | 挿絵
d0154663_22564084.jpg
d0154663_22572560.jpg「私の黒目の中をよく見てちょうだい。本当に、中よ」

『黒い瞳の内』 乾ルカ イラストレーション 磯良一 デザイン 泰司デザイン事務所

小説宝石 2015 1月号 光文社













***********************************************************************                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
[PR]
by goat-hill | 2014-12-23 23:04 | 挿絵
d0154663_1713016.jpgラッパ演奏を主専攻とするトム・ハーフシェルの音色には、どこか不完全な要素があった・・・・。

『その曲しか吹けない』

あるいは、えーと欠けてる要素っていったい全体何だったわけ?

R・A・ラファティ 
訳 山形浩生 絵 磯 良一

1980 by The RA lafferty Estate
Licensed by The Locus Science Fiction Foundation
through Tutte-Mori Agency,Inc,Tokyo

d0154663_17284440.jpg
SFマガジン 12月号 2014 R・A・ラファティ 生誕100年記念特集号
電気技師を経て、45歳にして作家デビュー(1960年)。創作を始めたきっかけは「禁酒によって人生に生じた穴を埋めるため」と語る。アメリカのトール・テイル(ほら話)の伝統を感じさせるユーモアあふれる奇想短編と、独自の世界観により構築された難解な異色長編を発表。そのあまりの異色さに「彼の作品は“ラファティ”というジャンルだ」とも言われる。



**********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2014-10-24 17:55 | 挿絵
d0154663_23162543.jpg

ひとつの音で できている 小さな風景


Illustration Iso Ryoichi



乱視読者の小説千一夜 No41 『戦後のピアノ弾き』 若島正 SFマガジン 10月号 2014










------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by goat-hill | 2014-09-02 23:30 | 挿絵
d0154663_0191668.jpg
『浴槽で発見された原稿』 若島正 イラストレーション 磯良一

乱視読者の小説千一夜 第40回 SFマガジン 9月号 2014 早川書房



---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by goat-hill | 2014-08-07 00:28 | 挿絵
d0154663_20475854.jpg「とても親切で、サービスがよくて。
助かってるんです。」

日常に潜む、小さな不条理。

『楯の両面』 乾ルカ 絵 磯良一

[注目の女性作家特集]小説宝石8月号 2014

d0154663_2051377.jpg


























--------------------------------------------
[PR]
by goat-hill | 2014-07-20 21:04 | 挿絵
d0154663_21555124.jpg
d0154663_21592369.jpg迷宮に出口はあるのか?異相の本格ミステリの驚異の結末とは!?

『異次元の館の殺人』 第四回 芦辺拓 イラスト 磯良一

ジャーロ 初夏号 No51 光文社











***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2014-06-14 22:08 | 挿絵
d0154663_22344118.jpg並行世界



Illustration Iso Ryoichi




























***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2014-03-17 22:37 | 挿絵
d0154663_221025.jpg
この世界にいったい何が起きたのか。いや、何かが起きたのは、私だけ・・・?

『異次元の館の殺人』第三回 芦辺拓 イラストレーション 磯良一

ジャーロ No50 2014 SPRING 光文社







***********************************************************************
[PR]
by goat-hill | 2014-03-14 22:09 | 挿絵
d0154663_1958530.jpg
d0154663_2022677.jpg[特集]百花繚乱!短編小説を愉しむ

「焼け野のきぎす」乾ルカ イラストレーション 磯良一

頼れるスタッフが正社員になりたくない理由とは・・・・。

小説宝石 2月号 2014 光文社

乾ルカさんの新作短編です。日常に起こりえる摩訶不思議。人生の切なさ、哀しさ、理不尽さを包み込むように肯定する珠玉の短編です。
きぎすとはキジの別名で諺の一部がタイトルになっています。この作品のテーマですがミステリー調に話が進むのは作者のサービス精神の表れでしょう。 
[PR]
by goat-hill | 2014-01-22 20:39 | 挿絵