GRAPHICATION

d0154663_18274799.jpg
祭りの新地平

地域の文化を象徴する『祭り』は全国各地で開かれ、名の知れたものには観光客が大挙して押し寄せてきます。一方、過疎化や老齢化が問題となり、林業の衰退と再建の議論に「限界集落」の言葉が登場したのが90年代初頭、そして数年前の「地方消滅」というリポートには激震が走りました。著名な祭りは観光産業として巨大化するその裏で、地域の生活や風習に根差した祭りの担い手は細り、伝統行事が途絶えることも珍しくなくなっています。これからの地域のあり方について、祭りを通じて考察してみました。

「GRAPHICATION」電子版12号 富士ゼロックス
Illustration 磯良一

富士ゼロックス『GRAPHICATION』

コミュニケーション文化を基調に社会のあり方を考える企業広報誌。1967年創刊。グラフィックページをメインに科学、文化、自然の3つを機軸とした多元的なテーマを毎号取り上げています。富士ゼロックスの原点とも言える"Better Communication"にコンセプトを求め、人と環境、人と地域など、人を中心に周囲との関係性に視点を置いた身近な社会生活の考察を行なっています。


***************************************************************************



[PR]
by goat-hill | 2017-11-11 18:40 | Web